ひとりゴト貯蔵庫
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
豚好き

豚肉がとにかく好きなので、ふるさと納税でお取り寄せしたのが届きました!

豚肉だけで3キロ!どーん!

 

これをちまちまとラップで小分けして、重さを測って、

グラム数と種類をかいたシールを貼って、

種類別にジップロックにまとめて、ようやく冷凍庫へ!

 

冷凍庫はもはやみっちみちなんですが、

小分けにしたのがキレイに入るとまぁ気持ちよい!

 

こんな面倒くさいことをやる時間もまた楽しいのです。

プライベート - -
とある休みの日

東京ってちゃんとした、大きな公園があるなぁという印象なのですが

うちの近くには公園が特に多い気がします。

 

野川のだだっ広い河川敷から、武蔵野公園、野川公園、武蔵野の森公園へ。

味の素スタジアムで折り返して、帰りは多磨霊園のど真ん中。

ご先祖さんに見守られながらのランニング。(肝試しじゃぁありません)

 

なんか、緑も多けりゃ、空も広い。

公園巡りラン、なかなかよかったなぁ。

 

 

プライベート - -
縦横無尽

パイプスペースを作ると、たいがいそこに配管配線が集中します。

高速のジャンクションみたくて、なんかワクワクします。

ここに一斉に水が流れ、お湯が流れ、電気が通っていく姿は

見られないってのが、日の目を見ない裏工場みたいでいいよね!?

設計のシゴト - -
富岡製糸場に。

あら。はや1ヶ月前のことになってました。

父の実家訪問と兼ねて、世界遺産・富岡製糸場に行ってきました。

よくこの建物を残していてくれたね、と思う見応えある建物でした。

煉瓦が目立つけど、基本的に木造。

重厚な木の柱、梁による構造で、柱と柱の間に煉瓦を充填して壁にしています。

洋風だけど屋根は瓦。うんうん。明治期の趣たっぷりです。

 

織機が並ぶ建物は当時は貴重だったガラスが壁いっぱいに!

国をあげての産業の力。建物からも機械からもエネルギー感じます!

蚕の保存室。建物の架構がカッコイイ!

一番楽しかったのは、建物の修復現場が公開されて入れたこと!

メインの煉瓦の建物と同じ規模、長さ100mくらいの建物を修復していました。

↑壁のシートが、完成形の建物の模様になってる♪

 最近お寺の修復でもありますね。見れないけどイメージできるようにかな。

 そして、みんな真っ赤なヘルメットかぶって中に入るのがかわいい♪

 両親のヘルメット姿も写真とっておけばよかったな。

 

タイルで焼かれた注意事項。いい色でてるし、愛嬌あるなぁ。

 

製糸場のまわりの町並みは、昭和・平成には少しさびれた町だったんだろうな、

でもこれを機に盛り上げて再生していこうな、って感じがあって

町も遺産と一緒に生き残ろうって雰囲気にも、ほっこりしたのでした。

プライベート - -
惚れ惚れ

かっこいいなぁー!

 

3階の梁の上。

私なんて高くて怖くて、足場にしがみついてやっと動けるくらいなのに

軽やかに颯爽と動き回るさまは本当にかっこいい!

 

 

職人さんって地道に培った技術があって、

暑かろうが寒かろうが現場に立って、

体力仕事かと思いきや、頭も感覚もめっちゃ使う仕事で

かっこいいってわかってるんだけど、

わたし正直ちょっと見慣れちゃってる部分もあって(←おいおい)

 

 

やっぱりかっこいいんだなぁと再確認する1日。

シゴト そのた - -
屋形船

屋形船に乗ってみました!!

 

阿波踊りの連が今年でちょうど10周年。

お祝いもかねてのイベントだったのです♪

 

乗り込むなり、料理がどどん!と並んでました!

品川スタートで、浅草を越えたあたりで一旦停止して

Uターンしてくる2時間くらいのコース。

天気はあいにく曇りだけど、船から見る東京の景色はなかなか!

風が強くて、すこしだけ船が揺れました。

なのに!揺れる船を!さらに踊って揺らす阿呆たち!

揺れる船で踊るのはとても難しかったです(笑)

 

料理あり、お酒あり、風情あり、スリルあり!? 

期待以上に楽しい春の宴でした♪ 

 

また機会があったら乗りたいなー♪

 

プライベート - -
発酵の季節

味噌を使い切ったので、去年仕込んだ味噌をあけてみました。

最近じゃ天地返しすらしないで、1年ほったらかしなんですが

よしよし、いい色、いい香り♪

 

当面使う分だけタッパーにうつして、また寝かせます。

 

暖かくなって発酵させるにはいい季節。

うずうずしてきたので、とりあえずマッコリ仕込みました。

うーん。納豆とかも作ってみたい。うずうず。

てしごと - -
ぽわぽわ

終わりかけの桜ばかりみてたけど

気づいたら、イチョウの葉もぽわぽわ吹き出していました。

田園調布のイチョウは、樹形の豊かさなんておかまいなしに

毎冬ばっさり枝を切られます。

 

しかし若葉も枝だろうが幹だろうが、根っこだって

おかまいなしにどこでも出てきます。

区の管理と、イチョウの生命力。いい勝負かもしれん。

 

ちょっとしたコト - -
| 1/83 | >>